2014年01月17日

SO WHAT ?!!

昨夜 環境にかかわる議員の講演(話)を聞いた、参加者は若手経営者30人弱。

福島に毎週通っていることと時間を要するといった話でしたが

話の内容は2の次3の次で、心にある熱い思いは全く感じ取れませんでした。

話の節々に見える、あきらめた姿勢や、見下した言葉、聞いている人の目を見て話すことなく

終わりの時間ばかり気にしている部屋で感じたものは私だけではありませんでした。


自身が考える人体に与える放射線量は?どのぐらいと考えますか?
(アメリカとヨーロッパではずいぶん考えは違い 温泉に入る我々は0mmシーベルトは望まないはず、誰もその数値は示せないはずなので、個人的な意見を聞いてみたかった)

賠償金や給料の全額返金補償を受け取りながら、関東で再就職して補償金と給与を同時に取得して
どうすればもっとお金が引っ張れるか、情報を共有している人と、道を一本はさんで対象外になってしまっている人についてどのように考えているのか?

利益を生まない廃炉をメンテナンスしつづける予算と、期間と、穴埋め案は?

私たちは”電気がない”でパニックなりました、その後計画停電。
電気の大切は身に染みて理解出来ましたが、電気がなくても生きていけるという考え方とは真逆に向かいました。病院や特別な施設はもちろん難しいかもしれませんが、電気がなくて生活している人たちはたくさんいて、便利だから見失ったているものもあり、キャンドルナイトのような もっと言うと”ただ電気がないだけ”そんな考え方や方向の示してほしい。(様は不安をあおりすぎ)

原発は安全、政府や東電はうそをついた?本当でしょうか?多少あるかもしれませんが私たちはエネルギーを選択したのではなく生き方を選んだのだと思っております。多少わかっていて、みんないい思いしたのでは??たしかコペンハーゲンの近くの島の自然エネルギー率 100% こんな生き方も提示して選ばせたらいいんじゃないかと考えます。

長くなりましたが 言いたいこと 聞きたいことたくさんでしたが質疑の時間なし。
その前に質問したい気持ちもなくなりましたが・・・・。

好きなこと書いちゃいましたが この国の副大臣にがっかりしました!!



株式会社Pシール
posted by P at 11:34| 日記
過去ログ