2011年06月23日

Jack Kerouac

ペン 駐車場

ビジネス書や社会情勢本・他 併用して読んでいる6冊本が 眠りにつく数十分の間で
処理しきれなく次第につまらなく感じてきてしまう時があり 数冊後回しになるケースが
多々あります。

そんな中 先日、中2の息子に小説の買い物を頼まれました。『山田悠介だったら何でもイイよ』(ファンなのでしょう)

数か月前に 私の読み終わった小説を読んで 感想を言い合っていたのに ・・・
私は 知らない 息子に支持される”山田悠介”の作品が気になりました。

山田・・・山田・・・山・・・。

本屋で色々探していると息子に読ませたい本が 頭をよぎります。

結局 息子に対して こちらからの挑戦として頼まれていない
一冊の本を買って行きました(自信有り!!)(村上晴樹です)

そんな動きの中 忘れかけていた 一冊の本を 強く思い出しました。
自分も強烈に 違うテイストの本が欲しくなったのです!

購入いたしました!!ご存じだとは思いますが・・・・
ジャック・ケルアックのOn the Road です。
今回購入したのは 辞書のように分厚い スクロール版の路上です。
3600円ぐらいしました(高っ)
 
【スクロール版 オン・ザ・ロード】
51pTDWdInNL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

うっすら いつも考えます。
自己啓発やビジネス書を漁っている時よりも 
好きな小説家の本をを堂々と読んでいる 環境や心の状態のほうが
何かに感謝出来ているケースが多いのです。

いつの日か ケルアックの路上を息子が読んで ”旅”に出て欲しいものです。



ヒッピー に  感謝・・・・合掌。


株式会社Pシール
posted by P at 22:24| 日記
過去ログ