2010年04月29日

祝 石田剣道スポーツ少年団30周年記念

ペン 駐車場

甲府にて私の剣道の古巣の30周年パーティーがありました。
個人的には招待状をいただいてから色々な気持ちでした。

恩師の小川忠彦先生にご挨拶をしたい・・・・・
剣道の素晴らしさを教えて頂いた感謝の気持ち・・・
どんなに稽古しても一本も取れなかった恩師と
もう一度剣を交えたい・・・・・
様々な場所や相手と稽古していますが、小川先生こそが
私の心の恩師であると剣を交えて伝えたい・・・
真面を打ち込みたい・・または打ち込まれたい・・・
また恥ずかしい剣道は出来ない・・・・

パーティーの前に朝から合同稽古会があり
6年前から既に作っていた
あきる野の垂ネームの裏の石田-中澤の垂ネームをついに表に
恩師にかかりました。

・・・・・・あっと言う間の一本勝負でした。


******** 私が本日感じた事 ****************************

【打って反省 打たれて感謝】

正しい剣道は正しい生き方であるということ
恩師の小川先生は人に真直ぐな人生を長く愛し歩み続けています。
言葉はいりませんでした。
面の向こうの先生の厳しい(包み込む)眼差し。


【大人の事情】

様々な考えや理論が剣道にも存在するということ。
しかし私はぶれません。
大切なのはどれだけ剣道(生き方)を愛するかだと考えます。
それを先生が確信にしてくださった事実。


043.JPG 0000014.JPG 00000003.JPG 040.JPG 0000051.JPG 0000059.JPG 00000054.JPG

仕事も生活も剣道も正しく精進いたします。
武士 小川忠彦先生に感謝・・・合掌。

株式会社Pシール
posted by P at 22:09| 日記
過去ログ