2010年02月15日

松原健之ファーストコンサートにて

ペン 駐車場

先週松原健之様のファーストコンサートのため日本青年館に行きました。
会場に着くと物々しいようす!?で警官やマスコミが多数待機。
結構すごいアーチストなんだな〜などと見渡していると、大物政治家が続々別の入り口から入って行きます・・小沢さんの政治塾の10周年だったのです。考えてみれば世間は坂本竜馬に幕末と似た今を重ね合わせ、こぞって特集を組みますが竜馬にジョン万次郎が深く関わった事など、割とはしょります。それはジョン万次郎の会の会長が小沢様だからなのか?などと考えながら歴史の1ページを目に焼気つけながら、開演時間が過ぎてもしばらく外で幕末と今の共通点について考えました。
以前、歴史の勉強会に出席した際に講師の方が教えてくてたのが
明治維新の時も国民のほとんどが

『お国が何とかするだろう』と考える中(今みたいですよね)

1%〜5%が国の為自分の為に考え行動したのです。ほぼ1%らしい。
近い将来、きっとゆうちょBANKには$が入ってきたり、トヨタは世界のマスコミがら叩かれ続けられ日産はフランの・・・・・。益々歪みは身近となることでしょう。
しかし、我々は、誰のせいにする事なく志高く1%の行動できる国民を目指しましょう!

相当話が脱線しましたが松原健之さんとは、先月パーティーでお会いしたのがきっかけでお誘い頂きました。正直、初めて歌を聞かせて頂きましたがとても声がキレイでびっくりしました。
演歌?歌謡曲?確かなのは好青年!でしたね。
年配のファン層が多く『かわいい〜』と黄色い声の嵐でした。
また、会場にて様々な方と面談&お話できました!
とても寒い夜でしたが色々な場面があり楽しかったです。

matubara.JPG

今寒い東京とこれからに、、感謝・・・合掌。


株式会社Pシール
posted by P at 23:45| 日記
過去ログ