2009年12月17日

アジア市場を視野に入れなくてはならない

ペン K

100年に1度の不況、少子高齢化などの暗いニュース・・・

帝国データバンクの統計では建設業・不動産業の倒産率が断トツ1位と発表されています。

建設業にとってはまだまだ先の見えないトンネルを進んでいるといった感じですね。

もちろん、法改正・法規制に伴うビジネスチャンスもありますので、一概には暗いニュースばかりとも言えませんが、明るい兆しが少ないのは事実でしょう。

さて、異業種ではユニクロのヒートテックが快進撃を続けています。

保温性、デザインに優れ、そして安い。

安さの秘密は言うまでもなく中国で製造しているからです。

衣料に限らず、日本の製造業は海外(アジア)に工場を建てて製造するのが当たり前のようになってきています。

日本では建物が建たなくても、発展途上国ではどんどん建物が建設されています。

ただ見ているだけか、それらに絡みにいくか・・・

アジア市場は大変魅力的ですね。

株式会社Pシール
posted by P at 02:17| 日記
過去ログ