2009年11月02日

改めて考える機会



お客様目線と現場目線の違いについて、ある現場で改めて痛感する機会がありました。

室内のコーティングは外部の何十倍もデリケートであり、同じ材料、同じ工法でも施工後のクオリティを携わる人間全員が統一イメージすることは必須です。

今回、統一イメージに若干の差異が生じてしまい現場よりの仕上がりになってしまった訳です。

大変よい勉強と受け止め今後の現場に活かしたいと思います!
posted by P at 14:35| 日記
過去ログ