2009年08月27日

断るという選択肢

ペン K

本日、とあるお客様を訪問してきました。

用件はフローリングSP仕様の依頼です。

既存のフローリング表層に施されている樹脂が部分部分で捲れあがり、お客様の希望である工期と予算内では…とても収まらないと判断。

SPの売上げを増やしたい気持ちは当然ありますが、現状お客様にできるベストな提案ではなかったため断念。

そこで、お客様がどうしたいのか?どの程度のことがしたいのか?インタビューし、現状できるベストな提案をしてきました。

SPの売上げにはなりませんでしたが、お客様の笑顔と「本当にありがとうございました」の言葉で、役に立てたかなと思います。

今回は事前にある程度の情報を得ていたので、断るという選択肢は予め用意していました。

会社にとっても、お客様にとっても今回の「断る」選択はベストであったと思っています。

どんな仕事でも断らないことがPシールの売りですが、ベストな選択の為には必要ですね。

株式会社Pシール
posted by P at 18:46| 日記
過去ログ