2009年08月15日

藤田嗣治の作品が突然・・

ペン 駐車場
工事で訪れていた、施設で正直少し風変わりな人達が・・・

お聞きするところ画商さん。

担当者の方にせっかくだからと案内され別室へ。

手慣れた感じでダンボールの中から何点も取り出します、何も情報が無いこちらとしては正直ワクワクです。

こちらがヒロ・ヤマガタです・・・・・ちょっとだけがっかり。

好き嫌いではなく知ってる知らないの問題で・・(あっ知ってる)

人々が増えてくると画商達の本気モードで裏から一際でっかい箱を持ってきて

『この絵は3000万です』と言いながら絵を取りだしました。

藤田嗣治(レオナルド)の作品でした!!

作品よりも生き様や人物像に興味がありましたのでまざまざと目の前に2m以上の作品が見られてラッキーでした。

作品に色はなく彼の『猫』シリーズの様なタッチの裸婦画で明らかに外国人の女性が横になっている構図のものでした。

ちなみに一応は自分も美大に通った時期もあったのですが、昔から人の作品に魅了されることは多々ありましたが、購入したいとか飾りたいとか考えたり感じたりしたことは1度もありません。
当然このたびの3000万円の作品も、高いも安いもありません。
欲しい人や必要な人が買うだけですよね。

藤田嗣治という歴史に・・・感謝・・・合掌

藤田嗣治

去年のお盆懐かしいライブドア訪問

株式会社Pシール


posted by P at 21:40| 日記
過去ログ