2009年08月13日

渡嘉敷島に行ってきましたA

ペン 駐車場
昨日は綺麗な写真をUPしましたが、本日は違った角度で。
以前に『知覧』に特攻隊の精神をビジネスに活かせないかと訪れ様々な場所や資料を閲覧したことがありましたが、正直というか当然理解できましたなどと言えません。(当然ですスイマセン)
実際にここから特攻したという場所にセスナで飛んでみたのですが・・・自愛などと真逆な環境の中、他愛主義のような形が必然真理を生んだのか?とくに他人ばかり気にしていた自分には、遠すぎました。自分にご褒美やセレブリティという文化や生き方も良いですが、自分なんか、居なくなった場面の積み重ねで生き抜きたいものです。

【戦跡碑・集団自決地】
tokashiki024.jpg

平和で美しい渡嘉敷島にも、非常に痛ましい過去が有ります。

以下碑文より転載。
「ここに記すのは、昭和20年(1945年)この島に於いて戦われた激しい戦闘と、島民の死の歴史である。
 大東亜戦争の最後の年の3月23日より、この渡嘉敷島は、米軍機の執拗な空爆と、機動部隊艦艇からの艦砲射撃にさらされた。山は燃え続け、煙は島を包んだ。当時島にあったベニヤ板張りの船を利用した、夜間攻撃用の特攻船艇部隊は、出撃不可能となり、艇を自らの手によって自沈するようにとの命令をうけた。こうして、当時、島にあった海上艇進三戦隊、同基地隊などの将兵315名は、僅かな火器を持っただけで、島の守備隊とならざるを得なかった。
 3月27日、豪雨の中を米軍の攻撃に追いつめられた島の住民たちは、恩納河原ほか数か所に集結したが、翌28日敵の手に掛かるよりは自らの手で自決する道を選んだ。一家は或いは、車座になって手榴弾を抜き或いは力ある父や兄が弱い母や妹の生命を断った。そこにあるのは愛であった。この日の前後に394人の島民の命が失われた。 その後、生き残った人々を襲ったのは激しい飢えであった。人々はトカゲ、ネズミ、ソテツの幹までを食した。死期が近づくと人々の衣服の縫い目にたかっていたシラミはいなくなり、まだ辛うじて呼吸を続けている人の目に、早くもハエが卵を生みつけた。
 315名の将兵のうち18名は栄養失調のために死亡し、52名は、米軍の攻撃により戦死した。
 昭和20年8月23日、軍は命令により降伏した。
 「8月20日、第一中隊前進陣地ニ於テ、各隊兵器ヲ集積シ、遥カ東方皇居ヲ拝シ兵器訣別 式ヲ行ウ。太陽ハ輝キ、青イ空、青イ海、周囲ノ海上ニハ数百ノ敵艦艇ガ静カニ遊戈或イハ碇泊中ナリ、唯、茫然、戦ヒ既ニ終ル」
(陣中日誌より)昭和54年3月 曾野 綾子選」
現在国立青年の家の敷地そばに、「集団自決跡地」の碑が建っています。元々ここに、白玉の塔と呼ばれる慰霊碑が建てられたそうですが、その後、現在国立青年の家になっている場所に、米軍のナイキ基地が建設された為、移設したそうです。

以下碑文より

この台地後方の谷間は去る大戦において住民が集団自決をした場所である 米軍の上陸により追いつめられた住民は友軍を頼ってこの地に集結したが敵の砲爆は熾烈を極め 遂に包囲され行く場を失い刻々と迫る危機を感じた住民は 「生きて捕虜となり辱めを受けるより死して国に殉ずることが国民としての本分である」として昭和20年3月28日祖国の勝利を念じ笑って死のうと悲壮な決意をした 兼ねてから防衛隊員が所持していた手榴弾2個づつが唯一の頼りで 親戚縁故が車座になり1ケの手榴弾に2、30名が集まった瞬間不気味な炸裂音は谷間にこだまし清流の流れは寸時にして血の流れと化し 老若男女315名の尊い命が失われ悲惨な死を遂げた
昭和26年3月この大戦で犠牲になった方々の慰霊のため この地に白玉の塔を建立したが 米軍基地となった為に移設を余儀なくされた 時移り世変わってここに沖縄の祖国復帰20年の節目を迎えるに当り過去を省み戦争の悲惨を永く後世に伝え恒久平和の誓いを新たにするため ここを聖地として整備し 碑を建立した
    
【白玉の塔】
DSC_0121.JPG DSC_0122.JPG

DSC_0123.JPG DSC_0120.JPG


ビーチサンダルで渡る夏に・・・感謝・・・合掌。

渡嘉敷島
株式会社Pシール


posted by P at 23:00| 日記
過去ログ