2009年07月23日

建設業における、ちょっとした改善がもたらすもの

ペン ドコモポイント

建設業は主に力や技、そして体力がメインだと思っています。

そして各専門の職人さん1人1人が主人公ですわーい(嬉しい顔)

熟練してくるとスキルアップし、1日の作業量が増えたりします。

ですが、それ以上に量を求められた場合、どうしたらいいのでしょうか?がく〜(落胆した顔)

@早出
A休憩時間を減らす
B残業

現場は大なり小なり、職人さん1人でこなすことは殆どありません。別の業者や仲間業者など多くの方の力で完成します。

そして目的は一つです。皆さん同じ目的です。

必要なのはコミュニケーションです!

監督さん、出入り業者さんと日々コミュニケーションを図ることでリスクを減らし無駄がなくなると思います。

技術もさることながら、最前線で活躍する作業スタッフにこれから求められるものはコミュニケーション能力手(チョキ)

また、より多くの情報を共有したり、記録として残したりするのにPCやメール(携帯メールも可)が最高のツールであることは言うまでもありません。

段取り向上に、より有効活用したいものです。

常に最高のエンディングを目指し、今日もPシールは邁進します手(グー)

株式会社Pシール





posted by P at 12:24| 日記
過去ログ