2009年06月10日

究極のCSを目指す!

ペン モバQ

昨年1年間、SPコーティングで得た人脈や経験、
そして手持ちの商材やサービスが充実した今、しっかりとした組み合わせでの提案が出来るようになったと感じます。

一つ一つが鮮度の良い食材。それをお客様の嗜好に合わせて調理することが名シェフの務め。

お客様の満足度や基準は1人1人違います。

それをしっかりと理解した上で、現在提案しているお客様の満足度がどこにあるのかを認識し、最高の提案をすることが次に力を入れなければいけない当社の使命であると考えます。

究極のCSとは何でしょうか??

深いテーマなので明確な答えはわかりませんが、当社内における基準は必要であります。

@お客様が何を求めているのか聞き出し、応える努力をすること。
Aお客様の質問には出来る限りわかり易い説明を心がけること。これは専門用語や業界用語を極力使わないことも含みます。
B可能な限りスピード感を出し、お客様のストレスを軽減すること。
C出来ないことは出来ないと伝えること。

また、逆の立場になって、
自分が当社に仕事を頼みたくなるかどうか…?
自分が当社から商品・サービスを買いたいと思うかどうか?
自分が当社担当(自分)を信頼できるかどうか?

この尺度は重要な気がします。

同じ仕事でも、CSを意識することで会社としての差別化が必ず生じると思っています。

お客様を喜ばせる方法の一つに「サプライズ」という手段があります。もちろん心からお客様のことを大切に考える気持ちが大事です。気持ちは伝わりますので、邪まな考えで「サプライズ」を演出することは危険です!

さて、今宵も「CS」と「サプライズ」を考えようと思いますわーい(嬉しい顔)

ピピッとPシール




posted by P at 20:39| 日記
過去ログ