2009年04月09日

夏目漱石〜こころ〜

ペン 駐車場
最近めっきり小説を読んでいなませんでした。
妙に勉強ちっくになってしまって、専門誌やビジネス誌ばかり読みまくり欲しい欲しい寄りでした。
しかし、何の根拠もなくたが目に付いた、というよりそこにあった
夏目漱石のこころを読みました。
『K』とか『お嬢さん』とか以前に読んだ時と明らかに、今の自分が創りあげる人物像がまず違っていました。
何より驚いたことに、夢中になり読み進み、はらはらし、『K』
が自殺した場面ではかなりの衝撃を受けました。
つまり、ストーリーをほぼ忘れていたのです。
途中、内面をさらけ出すことこそ真の文学という定義からみたとしても、いやらしくマイナーコードのフォークソング(愚痴)の様な感覚を覚えましたが、将軍の死のフレーズで、すべてが完結しました。自分の中のドロ〜〜っとした部分を突きつけられた感も正直ありました。本当にこころに来ました。
したしあえて太宰修にしても夏目漱石にしても大嫌いと言いたいです。そこの部分も認めます。でも本日クリス智子さんのラジオの中でユーミンが座右の銘を【ポップ】と答えました。
はかないものに挑み続ける。と語っていました。
目指す矛先としてはこっちでしょぴかぴか(新しい)

『ポップ』に・・感謝   合掌。
posted by P at 22:23| 日記
過去ログ