2009年02月20日

ヴァーチュ1号店 銀座にオープン

ペン 目耳

2月19日、ノキアの超高級携帯ショップ「ヴァーチュ」1号店が銀座にオープンぴかぴか(新しい)

貴金属をあしらった端末、そして24時間対応するコンシェルジュサービス、着信音はアカデミー賞作曲家が手掛けるがく〜(落胆した顔)

最高価格は1台なんと600万円あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

これって携帯電話なんですか???

不況の世の中でも、しっかりオープン前に数百件の問い合わせがあったとかダッシュ(走り出すさま)

国内キャリアは端末0円だったり、基本料金を下げたり、安さでユーザーの囲い込みを行っているのに対し、このような高級端末が日本でどの程度受け入れられるのか非常に注目です。

なにかのヒントになるような気がしてなりません。

ちなみに画像は世界一高い携帯電話です。

20202020202020.jpg

お値段は100万ドル(約9400万円)でしたバッド(下向き矢印)




posted by P at 21:05| 日記
過去ログ