2019年11月26日

剣道6段審査一発合格 

私事ですが 本日剣道6段審査で合格させて頂きました。
仕事と全く関係ありませんが、私の人生のことなので書かせて頂きます。

【6段審査一発合格】
沢山の先生方に ご指導をいただきました。
また、沢山のアドバイスも頂きました。
本当に有り難う御座います。

合格が、どれだけ嬉しいのかと想像しておりましたが、今は正直 色々な情報に混乱しています。
評価の基準や審査仕組み自体にも色々なクエッションがありました、後日冷静に考えてみたいです。
また、直ぐに次を考えている自分もはっきりと存在しています。全国から平日 昇段を目指してこれだけの人数が集まる事実や、熱気、そしてこの短い時間にかける昇段の世界に驚きました。凄い。(落ちたことがもないので知らなかったです)単純にすでに明確な課題もあります。仕上げ切れなかった部分も当面は徹底して稽古したいです。
【2ヶ月前くらいかなぁ】
しかし今回は正直、何故か仕事で失敗出来ない的な意識に苛まれ、2か月前位からかなり意識の中にあり、様々な準備してきました。仕事をしていても、常に何処か頭の片隅に審査の事があった気がします。絶対最近は眠りも浅かったかも(笑)です。

【いろいろな準備】
とても良い機会でしたので 細かい部分を沢山見直しました。
防具は藍染の染液でビタビタに塗り込みました。
これ以上ないくらいの濃い藍染にしました。(^^)
竹刀は10本くらい作りました。重さ、柄の長さ、小判型。
小手は綴小手から離れ 2つの小手を新たに購入して同時に手の内の見直しを図すため、いろいろ試してみました。剣道着もワンサイズ大きいものを購入、はやりの短い袖を見直しました。
今日は余所行きの袴で、新品の剣道着、防具は藍染の3回塗り直しで最高のおしゃれをした感じでした。

【一番行ったのは礼の前の稽古です】
礼をする前に気持が入るように何度も何度も礼の前に気持を作る練習しました。
礼をして蹲踞に入るときには 完全に丹田に気持が溜まっている状態になるように出来るように一日に何度も何度も礼の前を稽古しました。あとは、普段通りです。0から100で打ち切る。

【剣道形】
剣道の段試験は実技を合格すると 引き続き 剣道形の実技試験となります。

2か月くらい前から そこそこ準備はしてきました。不安は全くありませんでした。

しかし・・・
偶数の人は仕太刀 奇数の方は打ち太刀で並んでいると、私の相手の方が

『あの・・・』
『私 練習してません・・・』

『まったく練習してきていないので ゆっくりでお願いしますっ』と言ってきました。
『?!っ』
(私は集中ながら心の中で流れを最終確認していたのですが 一気に不安になりました)
『どの辺が やばいですか??』
『小太刀全般です・・・・』
『ガ〜〜〜ン!!』

この時 以前、私が先生に言われた事を思い出しました。相手に迷惑がかかってしまうので しっかり稽古しておいてください。この言葉を思い出しました。 (ちゃんと稽古しましょうね)

そんなこともありましたが 何とか無事合格出来ましたとを報告させて頂きます。

(来年早々 警察署の武道始式で試合をさせていただくことも決まりましたので報告させて頂きます!)

剣道大好き!!

★【年度別結果一覧】剣道六段審査会 | 行事情報 | 全日本剣道連盟 AJKF
https://www.kendo.or.jp/event/kendo-6dan/
剣道形↓
https://www.youtube.com/watch?v=OvXSyqOIavg
∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬

sdfgfdsgfdgfdgsfd.jpg


gfdsgfdsgfdsgfds.jpg

私と立ち合いをした方も合格というレアなケース。
(私801A 801D)

fdsgfdsgsfdgsfdg.jpg



《Pシール#キレイにしたい》
『”きもち”のうるおいを大切に』
『”辿り着かない”を楽しもう』
株式会社Pシール
posted by P at 22:53| 日記
過去ログ