2018年09月18日

楽しいぞ 秋の前半! MOTHER マザー〜特攻の母 & 中野千秋 書展

■『MOTHER マザー〜特攻の母 鳥濱トメ物語〜』
友人に招待していただき MOTHER 鑑賞させて頂きました。(嬉しいことに最前列)
様々な思いが交差して ずっ〜と泣きっぱなし(笑)
”演者”も”テーマ”も 人間の一生懸命って感動しますね。

http://www.airstudio.jp/index_140919mother_tokyo.html
https://blogs.yahoo.co.jp/dreamjapan04/57198013.html

昔、特攻隊の精神を私が感じることで 何か仕事に役に立つかもなどと考え、知覧に行ったことがありました。記念館や食堂やホタル飛行(実際にセスナに乗って特攻の場所まで飛行)を経験し、本を読みあさり、映画も沢山見ました。しかし 何か はっきりとしたものが胸に落ちる感じではありませんでした。
そんな中、ふと思って 山梨の実家に電話して お父さんに 尋ねました。

『お父さんが子どもの頃って”天皇陛下”ってどんな存在だった?』と尋ねたんですが その答えが
『街にポスターが貼ってあったら、人々が軽く頭を下げて通り過ぎるくらいの存在だったよ』と聞かされ私が感じてきたも色々が少しつ繋がったような・・・・ すこしだけ 腹に落ちたような感じでした。
このあたりのテーマは非常に難しいですのでわかったようなことは言えませんが、この作品にも沢山の発見がありました。

中でも印象的だったのは 大橋巨泉の有名な言葉だと思うのですが。

「戦争とは 爺さんが始めて おっさんが命令して 若者が死んでゆくものだ」

毎年公演しているみたいですので、ご興味のある方と”泣きたい人”は是非一度見てみてください!!


■お世話になりっぱなしの超美人書道家 中野千秋さん#書展に行ってきました!!
#茅ヶ崎wacha オープニングで 作品展とお琴とのパフォーマンス最高でした!
お気に入りの作品を数点 ゆずって頂き会社に飾ります!

中野先生の作品は 挑戦であり繊細だから優しくて暖かい。 眺めているだけで 気持ちがまとまっていき 絵画と違って 書き順をたどっていくと力強さや息使いが伝わってきて 自分自信とリンクする場所に辿り着きもう一歩入り込むと次第に心がクリヤーになっていくのです。

今回の作品展は ヨーロッパの街に迷いこんだような大きな美しいお屋敷での開催です。アンティークな椅子が沢山あり作品の前に座って ゆったりと書とセッションできる最高の空間です。
ご興味のある方は是非↓↓
http://picbear.online/chi_lotus

DSC_1305.JPG
DSC_1325.JPG
DSC_1299.JPG
DSC_1312.JPG


楽しい秋のスタートです。

そして

『アートは反戦です』

楽しく盛り上がる仕事も色々仕込んでますので 期待していてください。
(楽しいビジネスはARTなので反戦ですね〜)

《Pシール#正しく#美しいシーリング》
『3つのLOVE⇒快』
『accept!!』
株式会社Pシール

posted by P at 22:51| 日記
過去ログ