2018年05月08日

感じるぞ。

長い休みはいかがでしたか?
休養と教養どちらの比率が強かったかですか?
私は改めて休みの良さを再確認しました。

単に『休みで楽しかった』という話ではなく、若い世代の考え方(余暇)について理解が深まった気がするということを好と表現したのです。
これからの会社のありかたを考える材料になりました。
がむしゃらに働く。かっこいいい。高給取りナイス!素敵なセダン乗りたい!!
我々の世代(40代)は、先輩達への憧れから沢山の教えを頂き、跡を追いかけています。また管理されたりもします。根性論で部活に行き初心を貫く的な行動を美としますが、本質的には、調子が悪ければ休養の方が重要だったり、試合前などはむしろ動かない方がパフォーマンスが向上したりもします。無駄、や当たり前の判断の相違から働き方も変化していると感じてきました。
それは価値観の違いです。金銭面や美徳に価値を見出すか、インスタやFBのイイねの数の様な金銭以外のものこそ大切に考えるか?

いい車?カーシェアリング!!
 持家?そのお金は他に使いたい!!
 高給?低所得でも多くの余暇が欲しい!!人生を楽しみたい!!時間の価値!!

今回の休みで私自信も なるほどと思った部分のあります、それは様々なイベントで若い世代と交流して実際に実感しましたし、実際に休んでみて感じた部分もあります。

確かに20年前は残業する職人は現場監督に好かれました。
今は残業をしないで労務管理のできる会社が好かれます。監督も早く帰りたいし近隣に対しての配慮のあります。
我々も 今どんなバランスが社会に合っているのか? どの世代がクライアントなのか? 何を求められているのか? 社内の軸をどこに置くのか?
様々な本を読み漁り ゴチャゴチャ考えしたが、簡単ではありませんでした。
休みの最終日にライブに出たのですが、そこでお客さんの前で演奏しながら少しのヒントが降ってきました。

それは ” 感じること ” を 大切にしようという私なりの 方向性です。
蛇口からは止めどなく情報が流れていて我々に降り注がれていますが、自分自身がどう感じるのか?が大切なんだと思えたのです。

皆様 どんどんわがままで多様なメッセージ下さい。
感じとって 見事に要望にお応えします。
そして、社員さんと最高のバランスの会社を探し続けます。

そんなことを思った休みでした〜〜。

好い連休でした〜〜。

fdさふぁsd.jpg

『快』
『accept!!・・・・感謝、合掌。』
株式会社Pシール

posted by P at 23:30| 日記
過去ログ